七つまでは神の内

昔々、今日のように医療が進んでいなかった頃
七五三の年齢まで子供を無事に育てる事は
想像しがたいほどに大変な事でした

11月15日習わしの行事となりましたが
寒冷地の寒さを考慮し10月に行うなど
お子さま、ご家庭の都合を優先して良いのです。

そもそも、子供の健康・成長をお祝いするために
「日付」が必ずしも重要なことではなく
その気持ちこそが大切なのです。

まいにち七五三

習わし通り、数え年3歳にこだわらず、3歳の誕生日を迎えた頃
「七五三だね」「お詣り行こうね」「写真撮ろうね」
そのスタンスで良いのです。

多様性が求められる現代、多くの人種・文化が交差する日本
11月の良い時期にお休みも合わせられない
宗教上の事由で神社には行けない

でも祝ってあげたい。

そんなあなたの為に生まれた「まいにち七五三」
キモチをカタチにする為
単にお子さまの七五三、ではなく
あなたとあなたの家族のための
特別な「今日」を撮影します。

まいにち七五三撮影プラン

お着付け・データCD付きフォト台紙・撮影料込み
平日限定、無料ロケ撮影サービス
7,530円(税込み)

*祝日のロケご希望の場合5,400円の別途撮影料がかかります

撮られ放題

およそ30分から40分
100カット以上撮影

ロケ撮影

平日は無料
(雨天不可)

無料衣装

レンタル料ゼロ
着付け代ゼロ

ヘアメイク

撮影されるお子さまは
ヘアメイク無料

ご家族撮影

ご家族との記念撮影
無料サービス

豊富なフォトアイテム

最新のアイテムは
業界最安価格

高級フォト台紙つき

データCDとフォト台紙
特別セット付き
(CDは選んで頂いた1データ)

ゆったり1組ご予約制

2時間前後の
プライベート撮影

持ち込みOK

持ち込み料不要
お持ちのお着物や
想い出のアイテムを

フォトギャラリーswipeイメージ


ヘア・メイク・着付け追加オプション

男児・女児は中学生未満と致します
(メインで撮影されるお子さまは一式無料です)

— 大人ヘア・メイク・フィッティング
<お着付け>
 女性小袖 8,000円
 女性振袖 10,000円
 男性袴 7,000円円
<ヘアセット>
 女性 5,000円
 女性日本髪 7,500円
 男性 2,500円
<メイク>
 女性フルメイク 5,000円
 男性ベースメイク 3,500円

— キッズヘア・メイク・フィッティング
<お着付け>
 男児・女児ヒフ 4,000円
 男児袴 5,000円
 女児作り帯 6,000円
 女児手結び 8,000円
<ヘアセット>
 男児 2,000円
 女児 4,000円
 女児日本髪 5,500円
<メイク>
 女児ポイントメイク 500円

フォトアイテム

総数60種以上のフォトアイテムや
自社ラボによる激安プリントなど
必ず見つかる最高のメモリアルアイテム

— 撮影データCD
<基本セット>
 写真台紙と台紙に使用した1カットのデータ付き
<商品使用データ>
 オプション商品購入の方は、基本セットCDの中に、商品に使用したカットデータを全てお付け致します。
<全データCD>
 単品 15,000円
 (10,000円以上の商品購入の方は、プラス7,530円で全データCDに変更可能)

— フォトアイテム
<写真プリントアイテム>
 フォト台紙 1,500円より
 写真額セット 8,700円
<デジタルアルバム>
 2面デジタル 12,500円
 3面デジタル 17,500円より
 12Pタブロイド写真集 12,400円
 6P絵本風アルバム 24,900円
<プレミアムアイテム>
 キャンバスプリント 4,900円より
 フォトブロック 7,900円より

七五三無料衣装swipeイメージ

<3歳女の子>

<5歳男の子(No.1・No.2は3歳男の子兼用です)>

<7歳女の子>

ご予約はまいにち七五三ご予約フォームより
各種お問合せはContactページよりお願い致します

お知らせ

七五三前撮り・後撮り・スタジオ753写真撮影を専門とする「まいにち七五三」では、文字通り、1年を通してまいにち、七五三写真撮影を行っているフォトスタジオで、無料の衣装も豊富で豪華写真台紙とデータCDがセットになった写真パック7,530円という激安価格をご案内しております。

お着物の数量に限りがございますので、外出用のレンタルは行っておりませんが、弊社でご提供中の「お宮さん」での出張撮影ご利用の際は、有料衣装も無料でお貸しする特典もございます。

10月20日前後から11月30日頃を目安に行われる七五三詣りですが、あくまでも昔の習慣でこの日付になったものであり、本意は我が子の健康と成長の祈願です。

子供の健やかな成長を祈る事に日付は全く関係ございません!そこで命名した「まいにち七五三」で、これまでも、これからも、たくさんの愛情溢れる親子の姿を撮影させて頂きたいと思っております。